宮川 薫氏/札幌第一興産 社長

宮川 薫氏
(左から)武田治会長、宮川薫社長、佐藤俊博取締役管理本部長

託された『心を大切にする経営』に全力
100年続く企業構築

宮川 薫氏

札幌第一興産㈱ 社長

 5月に開かれた株主総会で社長に就任。先代である武田治会長から4代目となるバトンを引き継いだ。「自身の不勉強さを痛感している」とこの数ヵ月を振り返る一方、「全社員の力を借りて邁進するだけ」と、責任、使命感を新たにする表情には自信がみなぎる。
 フィールドテストを実施していた2021年を経て、22年はかねてから進められていた自社システムのリニューアルを実行。「次世代システムの導入で、情報の保護、管理はより一層強固になる。多角的な顧客サービスが可能になることは間違いない」と、先代からの金言である『起こさぬように起こさずが最善の策』を講じる構えで、「〝100年続く企業〟を構築するためにも、託された『心を大切にする経営』に全力をあげる」と前を向く。

〈みやかわ かおる〉1971年3月12日生まれ、亥年。道都大学卒。2008年札幌第一興産入社。10年取締役就任。常務、副社長を経て、21年5月社長就任。