▲板前料理「いちふじ」・内海洋社長(右)

新型コロナの消毒に「クリーン・リフレ」
ウイルス対策で「安全・安心を届けたい」


内海 洋氏
㈱アクト 社長

農業施設の専門メーカーの㈱アクト(本社・帯広)は、「食の安全を支える全ての技術を提供する企業」を目標に掲げ、飛躍を目指す。日々研鑽を積み重ねることで新技術を開発、特許は申請中を含め63件に及ぶ。

同社が開発・販売する「クリーン・リフレ」は、帯広畜産大学で新型コロナウイルスに対する不活化効果が認められ、20年5月には海外誌の『BBRC国際ジャーナル』にも掲載された。

そのほか口蹄疫やヨーネ、サルモネラ、マイコプラズマ、鳥インフルエンザ、蹄病などほとんどのウイルスや菌に効果的で、水道水基準に合致し、ラット試験でも安全性が確認されている。「当社は本物の次亜塩素酸水を提供している。『飲める水で消毒』を目標に、健康被害を起こさずにウイルスに対抗することで、安全で安心な生活を届けたい」

〈うちうみ ひろし〉
1958年生まれ、戌年。小樽市出身、62歳。釧路高専卒。97年1月に㈲アクト設立。2000年5月に㈱アクト社長就任。道内で初めて農業施設メーカーとしてISO9001、14001取得。1級建築士事務所・浄化槽管理事務所。不動産事務所。特定建設業。帯広本社、札幌支店。