▲『ホテルフォルツァ札幌駅前』(写真提供:@press)

“必要なものを必要なだけ贅沢に配した、くつろぎと眠りを追求するスマートホテル”をコンセプトとする宿泊重視型のホテル『ホテルフォルツァ札幌駅前』(北海道札幌市中央区北3条西2)が、8月1日にオープンした。

同ホテルの客室は、旅の疲れをいやし、心身ともにリラックス・リフレッシュできるように、独創的なインテリアデザインながら使い勝手に優れた居心地の良い客室で、備品も利用者目線で厳選したものを取り揃えている。

館内はダブル161室、ツイン111室、トリプル32室からなり、部屋タイプによって、服のしわ・ニオイ・ダニや花粉を掛けておくだけですっきりとリフレッシュしてくれるホームクリーニング機「LGスタイラー」をはじめ、多機能シャワーパネルを備えたバス・トイレ独立型のバスルームや高機能ドライヤー、フットマッサージャー、衣類スチーマーなどを完備している。

ちなみに、同ホテルは“フォルツ”シリーズ8軒目で、博多駅エリアに3軒、大分、長崎、金沢、大阪北浜などにあり、さらに、2021年初春以降、名古屋栄、大阪道頓堀、京都四条への出店を予定している。