漢字の読み書きと運用能力を測定する「日本漢字能力検定」と、論理的な文章力を客観的に測定する「文章読解・作成能力検定」を主催する公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部・京都府、髙坂節三代表)が、2019年8月から11月にかけて、全国の大学・短期大学1074校、専修学校2754校を対象に「漢検」「文章検」の入学試験等における活用状況調査を実施した。

調査結果はというと、「漢検」を評価・活用している大学・短期大学が1074校中615校(57.3%)、「文章検」を評価・活用している大学・短期大学が1074校中454校(42.3%)となった。

また、2020年度入学試験で、出願要件や点数加算等で「漢検」を活用する大学・短期大学は571校となった。

ちなみに「漢検」を活用する入試の種別は、推薦入試が354校と最多で、次いでAO入試が344校、一般入試が95校という結果だった。

(共同通信PRワイヤー)