公益財団法人日本サッカー協会(本部・東京都、田嶋幸三会長)と、サッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリン(本社・東京都、磯崎功典社長)、サッカー日本代表サポーティングカンパニーのKDDI(本社・東京都、髙橋誠社長)の3社は、JFAが主催する「キリンチャレンジカップ2019」で、サポーターの応援体験をより価値のあるものにすることを目的として、5G時代を見据えた「XRテクノロジー」を導入する。

サッカー日本代表戦のスタジアム観戦に通信やXRのテクノロジーを導入することで、より楽しく、快適で臨場感のある観戦体験の提供を目指すというもの。

XRテクノロジー導入の第1弾として、3月26日「キリンチャレンジカップ2019」日本対ボリビア戦では、AR技術を活用した「ARサッカー観戦」のサービスをスタジアムの一部シートで実施。本施策では、さまざまな角度からのカメラ映像観戦に加え、スタッツを用いた試合結果の予想、ハーフタイム中に楽しめるカジュアルARゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」を、自席に設置されたタブレットで楽しむことができる。

3社が提供する最新テクノロジーが、「キリンチャレンジカップ」の観戦を一層盛り上げていく。

共同通信PRワイヤー