2017年に日本各地で上演し、大評判だった名作「夫婦漫才」が、パワーアップして3月12日、札幌「わくわくホリデーホール」に帰ってくる。

この物語の舞台は昭和初期の日本。大阪の長屋で隣同士の信子(大地真央)と伸郎(中村梅雀)は、生まれた時からいつも一緒。戦後、夫婦となった二人だが、信子は昼夜働き、子供と義母の世話に奮闘するも、伸郎は定職にも就かず、毎日のように繰り返される夫婦喧嘩。

そんな時、この喧嘩が掛け合い漫才のように面白いと評判となり、ついには芸能プロダクションがスカウトに!?

主演は大地真央と中村梅雀、演出はラサール石井、脚本は池田テツヒロ、原作は俳優の豊川悦司のほか、豪華キャストがおくる涙と笑いたっぷりの人情芝居。

S席(1・2階席・車いす席)9500円、A席(3階席)8000円。チケットは道新プレイガイド、ローソンチケットなどで取り扱っている。

問い合わせは
UHB 北海道文化放送
TEL 011-214-5242