紀伊國屋書店(高井昌史社長)が「2018年1月~12月期 紀伊國屋書店ベストセラー大賞」を発表した。

これは、紀伊國屋書店pub line(パブライン)のデータを利用し、紀伊國屋書店の全国71店舗・営業部門・海外店舗・ウェブストアで、2018年1月から12月までの1年間の売上額をはじめ、同店に貢献した著者を「ベストセラー大賞 著者部門」として、また出版社を「ベストセラー大賞 出版社部門」として表彰するというもの。

文芸書・文庫・コミック等を対象とし、直近の1年間(2018年1月~12月期)において、紀伊國屋書店の売上に最も貢献した著者で、売上金額、売上冊数、イベント等への協力度等の総合的な観点から判定される。

受賞は次の通り。
2018年1月~12月期  紀伊國屋書店ベストセラー大賞 著者部門
原作:吉野 源三郎(よしの げんざぶろう)、漫画:羽賀 翔一(はが しょういち)
2018年1月~12月期  紀伊國屋書店ベストセラー大賞 出版社部門
株式会社 マガジンハウス

 

共同通信PRワイヤー