▲秋元克広札幌市長(右)は、「毎年、継続してご寄付をしていただき大変感謝しております」と、勝山良美社長(中央)に感謝状を贈った(札幌市ホームページより)

レストラン経営や観光土産品の開発で「食と観光」の新たな可能性に挑戦し続けるYOSHIMI(本社

・札幌市、勝山良美社長)は7月3日、同社売り上げナンバーワンの主力商品で、懐かしい夏の札幌名物の味を土産菓子で表現した『札幌おかき Oh!焼とうきび』の売り上げの一部、50万円を札幌市に寄付した。

市の観光振興などを目的としたこの寄付を同社は、今回を含め8年連続で行っている。これを受けて同日、市長応接室で感謝状贈呈式が行われ、勝山社長は「今後も観光客に札幌の食と観光をPRしていきたい」と抱負を語った。