マックスバリュ北海道(本社・札幌市、出戸信成社長)は4月28日、「マックスバリュ琴似3条店」(西区琴似3条7丁目)をリニューアルオープンさせた。店舗面積は1566平方メートルで24時間営業。「ツルハドラッグ・クレッセ琴似店」、「ダイソー・フレスポ琴似店」、「セカンドストリート琴似店」などの商業施設が集積しているショッピンクセンター内の店舗となっている。

今回の改装では、冷凍食品の陳列冷凍棚の入れ替えや売り場通路の見直し、買い物客の生活スタイルに合った商品の品揃えを充実させた。

また、畜産売り場では飼料にこだわった北海道産玄米牛やフライパンで簡単に調理できる味付焼肉の種類を多数揃え、惣菜売り場では揚げ物や焼き物、弁当の種類を増やし、様々なニーズに応えられるようにしたという。

今後もマックスバリュ北海道は、リニューアル案件を随時進めていく構えだ。