▲右から「北海鬼ころしの梅酒」「新酒本醸造原酒」「清風─極─」

国稀酒造(本社・増毛町、林眞二社長)が、初となる梅酒「北海鬼ころしの梅酒」を3月6日から蔵元限定で販売している。

この梅酒は、人気商品の“北海鬼ころし”に半年ほど梅を漬けたもの。女性にも飲みやすいように甘めに仕上げられた逸品だ。アルコール度数は11度で、700本の限定、500㎖1480円となっている。

また、例年この時期に販売する「新酒本醸造原酒」の販売もあわせて開始されており「ロックでもそのまま飲んでもおいしい」と評判。アルコール度数は20度で、720㎖1572円、1600本限定となっている。

さらに、3月11日から販売を開始しているのは「清風─極─500㎖」。こちらも蔵元限定、1915円。

  • 問い合わせは、
    TEL 0164-53-9355(売店直通)