増田雅俊

地域で〝存在感〟大きい信金
社会全体のコーディネートを


増田 雅俊氏
北海道信用金庫協会 会長
稚内信用金庫 理事長

北海道信用金庫協会会長として2期目に入り、「地域振興」に一段と力が入る。地域が抱える人手不足や人材育成といった直面する課題にも取り組み「10年、20年先を見据え、長い時間軸で対応していく」と語り、「北海道が持つ優位性を地方創生に活かしていく。

気象条件や安全性の高さなど国内で際立っていることは、たくさんあります。将来的には基盤の一次産業に加え、製造業の成長も期待できると思う。人口減にも歯止めをかけられます」と持論を展開する。

胆振東部地震で、損害を最小限に抑え、事業継続を図るBCPがクローズアップされた。「信金は各地で大きな存在感を持つ。地域全体のBCPに目を配り、社会全体のコーディネーター役でなくてはならない」ときっぱりと語る。

〈ますだ まさとし〉
1953年11月28日生まれ、巳年。宗谷管内猿払村出身、65歳。稚内高、北大法学部卒。78年稚内信用金庫入庫、2001年理事業務推進部長、04年常務理事総務部長、06年6月理事長。16年6月北海道信用金庫協会会長。