竹内淳

糖尿病専門医が適正糖質メニュー店を経営
数多くの専門外来で合併症予防も


竹内 淳氏
さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック 院長

竹内院長は糖尿病の専門医で札幌市中央区に適正糖質メニューの店「Low Cave(ローカーヴ)」(北2西3タケサトビルB1F)を開店。診療のかたわら、食材による血糖値の変動やアルコールと糖質の関連を調べる臨床研究を実施し、学会に発表している。

「糖質が高くも低くもない〝適正糖質〟がおススメです。この店で適正糖質メニューを提供して、食事制限の多い患者さんの生活の質を高めていきたい」という。

一方、慢性疾患の診療では合併症予防も大切だ。同院では「糖尿病」外来や「甲状腺」外来のほかに「禁煙」、「循環器内科」、「腎臓」、「甲状腺腫瘍」、「フットケア外科」といった数多くの専門外来を設置、予防医学に努めている。

〈たけうち じゅん〉
1972年1月20日生まれ、子年。46歳。旭川医科大学卒。伊達赤十字病院、北見赤十字病院、市立札幌病院内分泌代謝内科、NTT東日本札幌病院(糖尿病・内分泌内科医長)、北海道大学病院内科客員臨床助教を経て、2013年4月に開業。日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、日本糖尿病協会療養指導医、日本医師会認定産業医、日本甲状腺学会専門医、日本老年医学会老年病専門医・指導医等。医学博士。