桶川 昌幸氏

「センチュリーマリーナ函館」開業
激戦地区で観光振興の原動力に


桶川 昌幸氏
札幌国際観光㈱ 社長

 都市型のホテル&スパ「センチュリーマリーナ函館」が19年5月、オープンした。場所は、JR函館駅や函館朝市、金森レンガ倉庫付近の好立地で、函館山やマリーナが一望できる。

 最上階(15階)の「天空露天風呂」は道南最大級で、絶景のロケーションの中での入浴は至福のひととき。朝食専用レストラン(2階)で提供される野菜と玄米をテーマにした朝食は健康志向の女性客に人気でリピーターも多い。客室は17タイプの全286室で、ペット同伴可能な専用客室(5室)も揃える。

「ホテル激戦地区の函館で、お互いに切磋琢磨しながら共存共栄を図り、函館の観光を盛り上げていく原動力になれば。またインバウンドが増加する中で、新たな需要を喚起することで顧客開拓に努めたい」

〈おけがわ まさゆき〉
1958年5月26日生まれ、戌年。札幌市出身、61歳。札幌南高、日本大学文理学部卒。㈱アルメックスを経て2010年8月から現職。