吉田 勝彦氏

品質を追求した新商品が上昇の原動力
「新しい価値と需要を全社一丸で創出」


吉田 勝彦氏
日糧製パン㈱ 社長

 原材料価格の高止まり、人手不足に伴う人件費・物流費などによるコスト増が業界全体に試練を与えた19年。「上期の業績は極めて厳しいもの」と振り返る一方、これまで工場生産では実現困難とされていた高品質食パン『The Takasui』を7月に、道産牛乳を使用した『牛乳入りパン』を11月に発売。上昇の原動力として活用している。

 かねてから取り組む〝食品ロス削減〟では、主力商品を中心に期限日数の延長を実施。「安全面はもとより品質維持・向上が不可欠」という観点から配合の見直しを含めたリニューアルを行った。

 20年も〝学生との共同開発〟〝胆振東部地震の復興支援〟を継続する方針で、「引き続きお客様に満足いただける新しい価値と需要を全社一丸で創り出す」と強い意欲を示す。

〈よしだ かつひこ〉
1951年12月2日生まれ、卯年。札幌市出身、68歳。北海道大学農学部卒。76年日糧製パン㈱入社。取締役北海道本部製造部長、専務執行役員などを経て、2007年6月社長就任。現在に至る。