道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。

男と女の事件簿

  • HOME »
  • 男と女の事件簿

男と女の事件簿イメージ

「青い性」にはまった お笑い芸人の笑えぬ失敗

【A市発】■月□日、A署は女子中学生2人といかがわしい行為をしたとして、A市在住のお笑いタレント菊川昇(33)を道青少年育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕した。容疑者は地元のテレビ・ラジオにも出演したことのあるコントトリオのメンバーで、「相手2人は自分のファンだが、18歳未満とは知らなかった」と供述している。2人の女子中学生はいずれも2年生で、当時、家出中で捜索願が出ていた。保護された際、自慢げに容疑者のことを話し、事件が発覚した。

菊川の芸名はノボル。大学までバンドを組んで、学園祭などに出演。「ロックで世界を目指す」と大風呂敷を広げていたが、実力はアマチュアに毛が生えた程度。夢がかなうわけがない。結局、バンドは解散し仲間は就職していったが、ノボルだけはスポットライトを浴びる快感というか、若い女の子たちに「キャーキャー」騒がれたくて、卒業後、親の反対を押し切って地元の芸人養成所に入った。
バンドでは芽が出なかったが、養成所では子供のころから頓智が利いて周囲を笑わせてきた才能が開花。養成所同期だった2人とトリオを結成し、デビューした。最初は売れなかったが、歌手の物真似もこなす3人は地方の夏祭りや温泉ホテルの余興にはもってこい。5年もすると地元放送局からも「時間繋ぎ」にお呼びが掛かり、そうなるとファンも増えた。
普通の芸人なら、さらに芸を磨き中央を目指すところだが、ノボルたちにはそんな大志はなかった。ファンにちやほやされ、場合によって呼び出して羽目が外せる地方の方が都合良かったのだ。そして3人の中で一番、もてたのがノボルである。長身で顔もまずまずのハンサムだったからだ。

「ノボル、最高っ」
女の子がベッドで体をくねらせている。その晩、誘った女は「24歳のOL」と名乗ったが、体つきからみても、たぶん10代。高校生かもしれない。
高校生とヤルと犯罪になるのは百も承知だ。だが「ヤバい」と思いながらの行為は逆にスリルがあり、よけい興奮する。若いから反応も敏感だ。その女も秘所を丹念に舐めて、指で蜜壺を激しくかき回すと、「イクっ、イクっ」と激しく喘いだ。
テクニックも抜群だった。ノボルの乳首を嘗め回しながら、唾液で濡らした手で陰茎をこすり上げてくる。それにフェラチオもすごい。音を立てたバキュームだ。仕草がAVっぽくて興ざめするほどだったが、そこは男。ドッキングして抽送を繰り返すと、達した。
そんな良からぬ「つまみ食い」が毎夜のように続いた。もちろん、大人のファンもいたが、すぐに口説けたのは若い女。今時の若い女に好きな男のタイプを尋ねると、返ってくるのは決まって「面白い人」。だから、青い性は「入れ食い状態」だった。

「わたし、リエです。こっちは友達のカリンよ」
ノボルがその夜、宿泊先のホテルに呼んだ女の子は友達を連れて現れた。2人とも年齢は19歳。高校を卒業したばかりの短大生と名乗った。
2人と知って初めはたじろいだが、聞けば遠くからノボルたちのコントを見に来て、もう最終電車がなくなって、泊る所もないという。
「じゃ、きょうは飲み明かすか」
3人でワイワイ騒いでいるうちに、リエが「シャワーを浴びたい」と言い出した。
「いいよ、じゃ俺はカリンちゃんと飲んでいるから」
リエが浴室に消えるのを見計らって、ノボルはカリンを抱き寄せ、唇を突き出した。ノボルは軽めのフレンチから始めようとしたが、カリンは舌を絡めてきた。
「積極的だね。でも、大人をからかったら大変なことになるぞ」
そうふざけながらノボルが脱がしにかかると、カリンはノボルの股間に手を伸ばしてきた。そうして2人が夢中で舌を絡ませている最中、リエがバスタオルを巻いた姿で戻ってきた。
「ずるい、2人だけでいいことをして。ワタシも」
思わぬ展開になった。3Pだ。リエがキスしている間に、カリンがノボルの股間を刺激する。カリンが上半身に舌を這わせると、リエがフェラチオをするといった具合だ。たまらなくなったノボルが声を上げると、女たちは面白がってよけいに攻めてきた。
ノボルだって負けていない。リエのバスタオルをはぎ取ってクンニを始めると、カリンも「ワタシにも」とせがんできた。あの部分に交互に舌を這わせているうちに、2人は何度も体を痙攣させた。結局、痴態は明け方まで続いた。
翌朝、2人の着替えするところを見て驚いた。薄暗い時は気づかなかったが、明るいところで見た乳房の膨らみは幼く、陰毛も薄い。化粧を落とした顔は子供そのもの。ひょっとしたら中学生か。
「これ、車代。昨日のことをだれにもしゃべったらだめだよ」
口止めのつもりで1万円を握らせたが、顔を知られたタレントとの関係は若い子にとっては自慢でしかないから、秘密にできるわけがない。2人はS駅でその日のうちに保護された。警察官から事情を聞かれた2人は、あっけらかんと答えた。「お巡りさん、ノボルってお笑い芸人、知ってる? テレビにも出ている人だけど、ワタシたち、きのう、ずっと一緒だったんだよ」。

 

(実際にあった事件をヒントにした創作です)

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。