【2019年10月号掲載】

●ていね泌尿器科
【住所】札幌市手稲区前田6条7丁目1番12号
【TEL】 011-695‐1100
【URL】http://www.teine-uro.or.jp

●ていね駅前泌尿器科
【住所】札幌市手稲区手稲本町1条3丁目3‐1 メディカルスクエア手稲2階
【TEL】 011-686-6600
【URL】http://www.teine-uro.or.jp/ekimae/

近隣では珍しい「夜間透析」手稲駅前サテライトは診療時間延長

鈴木 伸和理事長

▲鈴木 伸和理事長

泌尿器科全般に対応できる体制を整え、手稲区の泌尿器科の根幹を担う。鈴木伸和理事長、竹田孝一院長、砂押研一医師、橋本次朗医師の医師4名が診療。前立腺肥大症の手術では、水中毒などの合併症が少ない、より安全な治療法であるTUEB(経尿道的前立腺核出術)を実施している。

膀胱がん、腎がん、前立腺がんでは、手稲渓仁会病院などと緊密な連携を図りながら最適な治療の提供に取り組んでいる。前立腺がん検診ネットワーク「MIT‐
CapNet」に参加し、その普及に努めている。

「PSA検診を実施する自治体が増えており、50歳以上の男性には前立腺がんの検診をお勧めしています」と鈴木理事長。

近隣では珍しい「夜間透析」(月・水・金、22時迄)を実施。仕事を抱える患者に利用されている。

2015年6月に開設したサテライトクリニック「ていね駅前泌尿器科」(砂押院長)は、4月から診療時間を延長し、平日17時迄診療(第1・3土曜診療)。手稲駅前のアクセスの良さから車での通院が難しい患者にも好評だ。

鈴木 伸和理事長(すずき のぶかず)
札幌医科大学卒。同大学泌尿器科入局、1997年ていね泌尿器科開設。日本泌尿器科学会専門医、日本性機能学会評議員。