【2018年12月号掲載】

【住所】札幌市豊平区豊平7条8丁目2‐1 東光豊平メディカル2F
【TEL】 011-824‐5757
【URL】https://www.sakauenaika.com

年齢や合併症の状況を考慮した個別化医療を実践

坂上 慎二院長

▲坂上 慎二院長

坂上慎二院長は北大病院の元診療准教授。15年にわたり糖尿病中心の診療・研究を行ってきた。

診療では年齢や合併症の状況など、患者一人ひとりに合わせて、血糖値の目標や治療法を選択。

「高齢の場合には低血糖のリスクが高い薬は避け、また合併症がある場合はそれを考慮しながら、患者さんの要望を取り入れた治療を心掛けています」と坂上院長。

糖尿病療養指導士の資格を有する看護師や管理栄養士が常勤、生活習慣の改善に努めている。

坂上 慎二院長(さかうえ しんじ)
北大医学部卒。帯広厚生病院、国立函館病院、千歳市立総合病院、幌南病院(現KKR札幌医療センター)、北大病院第一内科病棟医長、同診療准教授などを経て2011年4月に開業。日本内科学会認定総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医・指導医・評議員。