【2019年7月号掲載】

【住所】釧路市昭和南3丁目9番5号
【TEL】 0154-55-4112
【URL】http://www.asanohifuka.or.jp

週1回の訪問診療 QOL向上で地域医療に注力

▲浅野 一弘理事長・院長

浅野一弘院長は医療法人あさひ会の理事長で、釧路市内に同院とあさの皮フ科クリニック春採分院、札幌市内に赤れんが皮フ科クリニックと西野皮フ科クリニックを運営している。

同院では、1日平均150人の患者が診療に訪れる。扱う疾患は、湿疹やアトピー性皮膚炎を含む皮膚炎、水虫、じんましん、乾癬、巻き爪、円形脱毛症など。

アトピー性皮膚炎の治療では、最近デュピクセントの注射薬が出て、同院でも近いうちに使用する予定。

「この注射薬は、痒みがとれて外用剤を少なくすることができる。アトピー性皮膚炎も注射薬で治す時代になった」と浅野院長。

乾癬では光線療法やオテズラなどの内服薬による治療を実施。大掛かりな治療が必要な場合には釧路労災病院や市立釧路総合病院と病診連携をとる。

また毎週水曜日には、訪問診療を実施。釧路管内のグループホームやサ高住など、1日20施設を訪れ、診療している。

「道東には皮膚科が少ないので、患者さんのQOL向上に努めることで地域医療に貢献していきたい」(浅野院長)

浅野  一弘理事長・院長(あさの かずひろ)
旭川医科大学卒。同大、市立稚内病院、国立がんセンター中央病院、釧路労災病院を経て、2004年4月に医療法人あさひ会あさの皮フ科クリニックを開業。