【2019年9月号掲載】

【住所】札幌市東区北11条東6丁目
【URL】https://yoshida-sports.jp/

各校のお問い合わせは、吉田学園 入学相談室  0120-607033
E-Mail  public@yoshida-g.ac.jp

業界が求める人材育成に向けコース・専攻リニューアル

道内でも数少ない文部科学省からの職業実践専門課程の認定を受け、日本スポーツ協会からも資格認定の養成校として指定を受ける「北海道スポーツ専門学校」。高度なスキルと豊かな人間性を備えたスポーツ指導者を養成するために、優秀な教職員による専門教育を実践している。

設置する学科に目をやると、昨今のスポーツ業界のニーズに合わせ、2020年4月から充実の2学科・7コース・16専攻にリニューアル。98・6%(2018年3月卒業生実績)の就職率に一層の強化が図られるが、なかでもアスリートなどの“スポーツ選手を支えるプロ”を目指す「アスレティックトレーナーコース」では、スポーツ選手を間近で見て、トレーナーから技術指導を受ける外部実習を行うなど、極めて実践的なカリキュラムを用意。プロ野球球団のトレーナーや、スポーツクリニックのトレーナーを多数輩出している。

また、近年の健康志向や超高齢化社会で必要性が高まる〝健康とスポーツを融合させるプロ〟を育成する「スポーツインストラクターコース」では、業界トップ企業と連携する「JOYFIT提携専攻」が話題。トップ企業から学べるノウハウは極めて専門的で、より優れた指導者への近道となる。

実践重視の充実した設備

スポーツ選手育成のプロを目指す「コーチ育成コース」では、サッカー、バスケットボール、野球、バドミントン、バレーボール、陸上といった幅広い競技の専攻を設置しているが、特筆すべきはレベルの高い実習内容だ。

このほかにも同校では、北海道日本ハムファイターズや北海道コンサドーレ札幌をはじめ、レバンガ北海道やエスポラーダ北海道、社会人ラグビーのクラブチーム北海道バーバリアンズなどの選手に対してアイシングを行うほか、選手間やスタッフ間の連携など、貴重かつ刺激的な経験を積むことができる。

また、ランニングコートやプール、スタジオや体育館のほか、屋上のスカイコートでは、テニスやバスケット、バレーコートを設置。照明の下、夜間のプレーも可能だ。さらに、今年中にマシンジムのリニューアルが予定されるなど、実践を重視した充実の設備は道内屈指と言える。

 

◆取得可能資格
アスレティックトレーナー、健康運動実践指導者、トレーニング指導者、スポーツプログラマー、救急法救急員、スポーツリーダー、健康運動指導士、介護職員初任者研修、初級障がい者スポーツ指導員、パーソナルトレーナー、BRSO検定、ジュニアスポーツ指導員、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定、各種スポーツ指導員資格。
・その他、各競技専門資格。

◆募集学科
スポーツトレーナー学科(3年制、70名)
スポーツ健康学科(2年制、60名)

◆WEB出願システム導入