【2018年2月号掲載】

【住所】札幌市白石区栄通19丁目1番1号
【TEL】 011-851-5600
【URL】http://www.yamauchi-naika.jp/sp/

苦痛のない胃・大腸内視鏡、CTによるがんの早期発見

やまうち内科_山内雅夫院長

▲山内雅夫院長

山内雅夫院長は消化器内視鏡の専門医で、苦痛のない胃・大腸内視鏡やCTを駆使、胃・大腸がんや肺がんなどの早期発見に努めている。最近は最新鋭のマルチスライスCTを導入。

口から挿入する従来の経口胃内視鏡では苦痛を伴う咽喉頭反射があるため、検査が敬遠されがちだった。また検査の前処置薬は、車の運転に支障をきたし、心臓病や前立腺肥大症、緑内障などの患者には禁忌。一方、経鼻内視鏡ではこれらの薬剤を使わないため、安心である。患者は内視鏡画像を見ながら、また医師と会話しながらリラックスした気分で検査を受けることができる。

胃潰瘍では再発防止のため、ピロリ菌の除菌療法を実施。大腸内視鏡検査も数多く手がけており、大腸ポリープについては患者にとって負担の少ない日帰りの内視鏡的ポリープ切除術を行っている。

また無床のクリニックとしては、やや重装備とも言えるが、高速マルチスライスCTを備え、肺がんや肝臓・膵臓・胆のうなどの疾患の診断に威力を発揮している。入院や手術が必要な場合には信頼できる医療機関を紹介し、プライマリーケアの役割も担っている。
「待ち時間が少なく、検査および結果説明の即日対応が可能です。気軽に受診を」と山内院長。

やまうち_CT

▲最新鋭のCTで早期がんを発見

やまうち_外観

▲病院外観