【2018年8月号掲載】

【住所】札幌市中央区南9条西5丁目 パーク9・5ビル
【TEL】 011-511‐2796
【URL】http://secoma.co.jp/

道産メロン果汁を使ったメロンアイスを年間550万個販売

愛食運動の一環で道産メロンの消費拡大

丸谷智保社長

▲丸谷智保社長

北海道産メロンの消費拡大に大きく貢献しているのがセコマだ。メロン果汁を使用したオリジナル商品を2006年に発売以来、続々と商品展開しており、なかでも主力となるメロンアイスは昨年、セコマグループ以外への販売を含めて約550万個を出荷した。

道産メロン果汁を使用した商品のなかでも、抜群の人気を誇るのが「Secoma北海道メロンソフト」である。一口食べればまるで本物のメロンのような味わいと評されるのは、道産の赤肉メロン果汁と豊富町産の牛乳・生クリームをたっぷりと使っているから。フルーティーなメロンのおいしさとミルクのコクが大きな特長だ。

「Secoma北海道メロンモナカ」はメロン果汁を6%使用のアイスをモナカに挟んだ秀逸の味。これらはセコマグループのダイマル乳品で製造している。

一方、今年5月にリニューアルしたのが「Secoma北海道メロンミルクキャンディ」と「Secoma北海道メロンサワー」だ。キャンディはメロン果汁と生クリームを使用。昨年よりも果汁がUPしたことで、より濃厚にメロン感を味わえるようになった。また、メロンサワーもメロン果汁を増量。アルコール度数は3%と飲みやすく、女性が気軽に手にとれる飲料だ。

メロン商品

▲「Secoma北海道 メロンソフト」「Secoma北海道メロンモナカ」「Secoma北海道メロンミルクキャンディ」「Secoma北海道メロンサワー」

メロン収穫

▲規格外品のメロンの収穫とダイマル乳品でのメロンソフトの製造

ところで、セコマがこうした道産メロンを原材料にした商品を手掛けるようになったのは、「生産者の想い」に真摯に応えたのがきっかけ。「丹精こめて育てたメロン。外見が異なるだけで中身は正規品とまったく変わらない。なんとか商品化できないか」というものだ。

メロンは贈答用として人気が高く、だからこそ見た目の良し悪しで規格外品が出てしまう。その有効活用のために商品の開発・販売に着手したのである。

このように道産食品の活用に積極的に取り組むセコマは、2008年に「北海道との連携と協力に関する協定」を結び、それに基づく協働事業として「愛食運動」を推進中だ。「道民みんなで身近な道産食品の良さを理解し、もっと愛用しましょう」というものだ。その一環として「北海道メロン」のキャンペーンにも取り組んでおり、今年も5月21日〜7月1日まで実施した。