【2018年6月号掲載】

【住所】江別市野幌町30-1
【TEL】 011-383‐8844
【URL】http://ishikawa-dclinic.com

最新の滅菌システムを導入、より安全で安心できる治療を提供

石川正浩所長

▲石川正浩所長

野幌インプラントセンター石川歯科医院は、滅菌システム「プラズマ滅菌」を新しく導入した。微生物を不活性化する滅菌剤としてプラズマガスを利用し、器具や被せ物などの医療機器を滅菌する最新滅菌器だ。

このプラズマガスで被せ物(銀歯等)を滅菌することにより、目には見えない微粒な汚れを除去することで、接着率が増すという。

さらにインプラント治療に注力しており、血管の位置や骨の状態を把握するCTを導入し、血管や神経を傷つけることなく超音波で骨を削る「ピエゾサージェリー」を完備。

また、最新の再生療法も積極的に取り入れており、厚生局の認可を得たPRP法(患者本人の血液を採取し、血小板を濃縮し傷の治癒を良くする方法)や、大学の口腔外科と連携して、患者の抜去歯を捨てずに特殊なクリーニング加工後、本人由来のバイオマテリアルとして骨再生術に応用する象牙質移植法などを導入している。